遅蒔き

日々の雑感です。

逃げろ 年末年始の不安感は見通しがつかないからだ

あの怒涛の年末年始から離脱してから、自分のペースを基準に過ごせるようになり

お正月はそれなりに楽しみになりました。

子どもの小さなうちは教育的意義があるのかもしれないと我慢しましたが、

我慢はドロドロとした膿になりました。

 

自分に負荷をかけてくる可能性のある人からは、逃げましょう。

甘えグセのある人達は、使えそうな善意を嗅ぎつけます。

それを逃れられない関係のように囲って来ますが、

案外すごく良い人だったりするんです。常識的だったり。悪意はない、っていう。

でも、いわゆる善意の搾取に鈍感なのでしょう。

 

 

配偶者も鈍感な場合、じわじわきます。

せっかくの三連休の真ん中とかに親族が東京にくる、とかで

待機する連休になったりして。

  

それでも私の予定を動かしたりは「もうしない」ので、

義理の付き合いを拒否するようになってよかったと思います。

「今年はどうするの?」というやりとりはしません。

友人と遊ぶ約束が楽しみな年末年始です。