半世紀近く生きているのに英語が話せないなんて

48才を目前に学生以来の英語学習を始めました。日々雑感です。

目的は、会話できるように

いろいろと試行錯誤しながら、英語の勉強を続けてます。

なんで続いているのだろう??

 

日々のオンライン英会話とは別に、やること沢山。

 

英語をやっている方のブログから気づきが沢山あるのですが、

そもそもの目的が資格取得ではないので、

とにかく相手に自分の話が少しでも伝わることにはどうしたらいいのか?と

探し続けている感じです。

 

半年前はとにかく瞬間作文への渇望感がすごかった。

もちろん、それは今も変わらないですが少し要領がよくなったので

英会話のレッスンの時に汗タラタラになる敗北感はなく、

易しい言葉でじっくり伝えていけるようにしています。

それは長い年月をかけて、単語やセンテンスを増やしていこうと落ち着いてます。

 

苦手なカランもなんとなく必要な気がして、だましだまし続けています。

けっこう普段にサラリと言えると便利なセンテンスばかりだし、

口がまわるようになっている言葉が増えるのがいいと思うように。

 

せっかく頑張って会話をするのですから、出した言葉は伝えたい。

声、その音を英語らしくしたいです。

喉についての「英語喉」を熱心にやってます。

動画があるので本のとおりに進められて、これならできます。

先生が何度も東日本の人の発音が絶望的なようなことを言われますが、

自分の普段の話し声の出し方に気づきがあり、よかったです。

悩んでいた発音について良い方向に向かったこともあり、継続したいです。

 

あと、音読の教材がどうも私と相性が悪くて、

皆さんのオススメが合わないつてどうよ?と思っていたのですが、仕方がない。

これはやめたー。

安河内先生の正しい音読の本が本当に私には丁寧で、非常にやりやすいです。

見やすいし、音読の仕方がよく分かりました。

面白いと思える教材が随分たっぷりなので、

いつ終わるかわかりませんが長く付き合えそうです。

私は、この本を完走しましょう。

 

安河内先生、最近はもう多読英文の作家活動がメインなのですね。

先生の参考書とは相性がよいみたいです。

古い本ですが「入門33パターン はじめる英作文」が好きです。

これも非常に丁寧です。丸暗記したいと思ってます。

有名な瞬間作文の本はどうもやはり相性が悪い感じ。

子どものやっているドラゴンイングリッシュなんていつになったらできるかな(笑)

 

どれも落ち着いて勉強を継続することが一番大切だなと日々痛感。

机の前ではゼンハイザーの有線イヤホンを使いますが、

もうひとつ、机から離れても音源が届くよう首にマグネットのイヤホン巻いてます。

楽しい。

   にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(中年)へ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ