半世紀近く生きているのに英語が話せないなんて

48才を目前に学生以来の英語学習を始めた記録です。

知らない機能

ミシンのことでいうと、何を楽しんでいるかというと、

改めて読んだ取り説に、自分の知らない機能が沢山載っていたことです。(笑)

 

あまりに馴染みすぎて、

ミシンを新しく買っても取り説など読んだことはありません。

体感で使えると、信じ切っていたからです。

もう自分の技術で全てを乗り切るものだと思ってました。

私の知識は30年前で止まっています。

 

早く言ってよ~

縫い代の始末、真剣にやるならロックミシンを使ってました。

ただ、糸が切れると、とてつもなく大変なので覚悟がいるのですが。

大抵はいい加減に普通のミシンでジクザクかけて、

ハイピングするとか、バイアステープでかがれば上等なほうです。

 

しかも、上から下までまち針かけて、

大抵は下準備する段階で、次に持ち越し。

次っていつよ?みたいな。

 

わたしのミシンね、数年前に新しくしたのです。

一番安いラインナップを使うと、縫う気がなくなることは分かったので、

最上位ではないけれどもソコソコの機種。

コンピュータミシンの下くらいのです。

これくらいだと、縫い目が安定しているから、それだけストレスもないんですよね。

縫い目が安定しないと、メンテが難しいくて使わなくなってしまうでしょう。

今のミシンは自動調節が優れていて、本当に楽です。楽しいです。

安くても実線がしっかり縫えればいいのですが、残念ながらそれはないのかもしれないです。

有名だった、山崎ミシンも、余裕がない縫い方でした。

全体のバランスが悪いから、トラブル続き。雑巾をつくるだけならいいです。

 

少なくてもどうせ買うなら型落ちで5万円以上のものにしたほうが、後々いいでしょう。

ミシンはある程度の重さもあったほうがいいのです。

 

でも、スカラップとか刺繍なんて使わないので実線かジクザクしかみてなくて、

細かい部品がいろいろあっても、どの素材も使い分けないでました。

馬鹿かしら?私。ボタンホールも手で縫うものだと思ってたし。

(母からミシンのボタンホールは汚いと言われていたので。)

いろいろな機能があるのですねぇ。。。ヲイヲイ

 

今日は、端カガリの機能がおもしろくて、

それをつかうと洗濯後に乾きが早いものができるので、

一気にリサイクル布を活用できました!早い早い!

 

教訓。新しくモノを買ったら、必ず取り説を読む。

   にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(中年)へ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ